えきねっとでは、サービス時間帯が設けられていて、毎日利用できる時間帯が決まってしまっている

この前の話をします。聞いてください。

朝早くに、えきねっとを見ようとしたら、サービス時間帯外なのでできませんと表示されていたのです。
なでなんで!そんなはずじゃないのですが。

家にいながらネットで簡単にJRの乗車券を予約できるっていうのがメリットなのではないのですか?
と思いイラっと来ました。

実は、えきねっとでは、サービス時間帯が設けられているそうです。

そして、毎日利用できる時間帯が決まってしまっているようなのですね。

ちなみにですが、私の場合、朝の4時半にネットを見てみたのですががダメだったのです。

えきねっとのサービス時間帯は、えきねっとのHPですぐに確認できるようになっているのです。
23時40分~0時20分、1時40分~5時30分の間はえきねっとの予約ができないらしいのですね。

これ知らない方が多いのではないでしょうか。

しかしこれって、ほとんどみどりの窓口の空いている時間と同じなんですよね。
窓口に行けない時間に予約をネットでやりたいのに、あまり意味がない感じがします。
そして夜中の0時20分から1時40分の間だけ使えるというナゾの時間帯もよくわからないですね。
普段電車を利用せず、駅に行く用事がない人などはえきねっとで家に居ながらきっぷの予約ができるというのは良いかもしれません。

私も普段は車通勤です。新車のプリウスですいすい通ってます。駅によることは全くありません。
駅の付近を通ることもないので、なかなか窓口へ行くということはないんですよね。
また、場所によっては中心部など大きな駅になると道路が混雑して、車でわざわざ予約のために駅に向かうなんてことは大変ということもあります。
そういった場合にスムーズに使えるという利点があるのかもしれませんが、まさか使えない時間帯があるとは思わずちょっとショックでした!

ネットでJRの新幹線や特急の予約ができるサービス「えきねっと」を使ったことがありますか?
えきねっとはパソコンだけでなくスマホでも使えます。
そういわれて「あ、便利だな。
使ってみたいな。
」と思う人と「めんどうくさそう」「使いにくいと思うからネットじゃなく窓口へ行きたい」と思う人、その差はなんでしょうか。
ネット世代の若者は、チケットの予約もショッピングもなんでも携帯やネットで済ませます。
なのでえきねっとシステムにも順応が速く使いこなせるのでしょう。

なんでこんなことを言ったのかというと、私はネット世代ではなくガラケー世代だからです。
ガラケーが主流だったころに青春をしていたものなので、あまりネットであれこれ見るということが少ないんですよね。
なので、新幹線のチケットを自分で予約してネットで取るなんてすっごくめんどう&大変そう・・・と思ってしまいます。
私は正直言うとネットの便利さはわかりますが新幹線の予約は窓口に行きたい派です。
窓口だと座席も一緒にみながら決めてくれるし、往復やノリつぎも自分で調べなくてもやってもらえるんです。

ですので、自分はめんどうなことは嫌いです。

手間はかかりそうですが窓口へいきます。
大きな駅だと窓口の数が多いのにものすごい混雑するということも多いのですが、並んででも窓口でやってもらいたと思います。
操作は簡単なのですが、ログインしたりするのがめんどうと思ってしまうのは、やはり、年齢的な感覚なのかもしれませんね。

最近、はじめた体調管理法

青坂一寛の青坂式糖尿病改善プログラム

実はまだ糖尿病ではありませんがこの前、指関節が痛くて病院にいき、念のためにした検査で血糖値がちょっと高めでした。

コレステロールもやばいですが、糖尿病は怖いので早くから実践そておこうと思ってしだいです。

効果を実感してきております。

コメントを残す