ミニファミリーコンピュータをうまく活用する方法を考えてみた

僕はファミコン世代です。

昨年の秋に発売されたミニファミリーコンピュータが話題沸騰とまではいかないですけど、注目されています。

昨年はやっぱりポケモンgoとかに話題をとられちゃった感じではありますが・・
身にファミコンは、1980年代に一大ブームを巻き起こしたたファミリーコンピュータの小型版のゲーム機なのです。
お手軽サイズで当時のゲームを楽しめますよ。

そこで上手な活用方法を紹介したいと思います。

当時のままのゲーム機ということです。

でも、今はコードがないことに慣れてしまっていますよね。
コード自体がもう少し長い方がよかったという感想も結構あるみたいです。
あと、今の時代はテレビ自体が大きいのですからね。うちも50インチの結構多いなやつを

6畳リビングに置いています。

昔のテレビとの間隔ではちょっと近すぎるっていうことみたいです。
40インチ以上の比較的大き目のテレビだったらもっと後ろで離れてゲームをした方がよさそうです。

視力低下も起こしますからね。
ACアダプターはスマホのものを使用できるということです。

本体は昔のファミコンよりも60%小型化されています。

なので、かなり小さく手のひらサイズなのが特徴的です。
なので、ミニファミコンは小さすぎて操作がしづらいという人も結構います。
あの独特のレトロな感じの音がめちゃくちゃ懐かしく感じましたね。
懐かしさを感じる方が多いのではないでしょうか。
この感動を分かり合えるのは、やはり昭和を生きてきた人々だけかもしれません。

今、30代とか40代とか・・おっさんですね。

 

コメントを残す