いつ会えるのか、どこへ行きたいのか?それが重要だ

LINEで女子の返事が遅い時、受け応えが可能な貴重なチャンスを無意味にしてはいけません。

LINEで送信するメッセージの中身を一構想しましょう。

質問形式で送るようにして相手が返事をしなければいけない状況を作成しようのです。

ただ、今日あった出来事や、感想、こちらの考えだけを伝えるのではなく、質問するように創意工夫して女子の返事を待ちましょう。

しかし質問をしすぎないように用心しましょう。

しつこい質問は嫌われます。

今後全部女の返事が来なくなるかもしれません。

婚活中は、相手に聞きたい事もふんだんにあるでしょう。

ただしそこは控えめにちょっとずつ聞きながら、現実に聞きたい事は会って直接聞くようにするといいです。

その方が婚活を成功させる事ができます。

初めに会う約束をとりつけます。

参考:北条麻妃が教える膣開発法

返事の遅い女の時、1回の返信も無意味にしてはいけません。

連絡がとれたら、食事に誘ったり、買い物に誘ったりして会う約束を設置ましょう。

このケースも何個か質問する事になると考えます。

一例を挙げれば、いつ都合がいいのか、いつ会えるのか、どこへ行きたいのか、何を食べたいのかなどです。

ただし配慮しなければいけないのは、ぼんやりとした質問をしないようにする事です。

質問の極意は、水準を満たすまで具体的に質問する事です。

例を挙げると、「今度いつ会える?」とか「将来的に暇な事例ある?」という具合にぼんやりと質問してはいけません。

これでは「時ができたらこちらから連絡します」とでも返信されて終わってしまいます。

具体的に「今週末会える?」とか「〇月〇日かその次の週空いてる?」という具合に、2、3の候補に絞って聞くようにするといいでしょう。

この方が女は返事がしやすいですし、スルーされずにびしっと返事がもらえると考えます。

そして「どこへ行きたい?」とか「何が食べたい?」と聞くのではなく、嫌いな食べ物を質問しておいて、あとはこちらでショップを探しておくねと言ってLINEの受け応えを終わらせておくと良いでしょう。

女としては、嫌いなものを聞いてくれた時点で「気遣いの可能な人」と考えますし、ショップを探しておいてくれるという時点で「頼りになる」と好フィーリングをもつからです。

このようにLINEの受け応えでもこちら側からいつも主導権をもって導けば、少々LINEの返事が遅くても待てるようになると考えます。