性交渉でうつる病気

梅毒は主に性交渉でうつることが多いと言われていますが、他にもいろいろな病気が性交渉でうつります。
そして梅毒の流行とともに他の病気との重複感染も考えられるのです。
性交渉によってさまざまな病気がうつることを自覚すると、不特定多数や信頼できない相手との性交渉ならびに濃密接触行為に対し、注意しなければならないことも分かるのではないでしょうか。
最も有名なのがHIV感染症、つまりエイズです。
特に性交渉から感染する恐ろしい病気で、梅毒と重複感染することで梅毒症状を驚くほど進行させてしまいます。
いまだにエイズの治療薬はまだないのです。
他に性器カンジダ症というカンジダ菌による病気で、多くの患者がいます。最近ではテレビでもCMうってますよね。
性交渉からもうつり、外陰部の痒みやヨーグルト状のオリモノが出る女性に多いです。女性から男性にうつすこともあります。男性の場合も性器の痒みが強くなります。
次に性器クラミジア感染症も性交渉によってうつります。おすすめピストンテクニック⇒絶頂ピストンメソッドの体験談
高校生の性交体験者の女性13.1%、男性6.7%が感染という結果もあり、特に感染している意識がないことも多く、治療せずにどんどん性交渉によって感染が広がります。
女性の場合は不妊症や子宮外妊娠の原因にも。
他にも淋病という病気があります。
オーラルセックスなどでもうつると言われており、1回のセックスによる感染率は30%と高くなっています。